2012 年3 月22 日に出雲市のユーザー様より、「スタンプメーカーでスタンプを開くと、診療行為コード
の背景色が赤色になっている。」とのお問合せがありました。調査した結果、その原因が判明いたしました
ので、以下のとおりご報告いたします。

内容

2012 年3 月22 日に出雲市のユーザー様より下記のお問合せがありました。
「スタンプメーカーでスタンプを開くと、診療行為コードの背景色が赤色になっている。
また、他のスタンプでも同様である」

対応

前日の3 月21 日にORCA プロジェクトにより平成24 年4 月診療報酬改定対応のマスタが提供され、
ORCA サポート業者により当該ユーザー様の環境のマスタが更新された。そのため、当方のテスト環境
に対しても、診療報酬改定対応のマスタを適用してみると、標記現象が再現しました。
この状態で、OpenDolphin のプログラムの内部動作を調査、解析しました。
また、当方のテスト環境にて、電子カルテのシステム日付をH24.4.1 にして動作させたところ、
標記現象は発生しないことを確認しました。

原因

例えば、下記の薬剤では、ORCA の「点数マスタ」の更新後に新たな有効期間が追加されます。

診療行為コード:620452801 ムコスタ錠100mg

更新前

番号有効開始年月日有効終了年月日
0100000000H22.3.31
02H22.4.199999999

更新後

番号有効開始年月日有効終了年月日
0100000000H22.3.31
02H22.4.1H24.3.31
03H22.4.199999999

従って、上記の薬剤では、3 番目として新たな有効期間が追加されます。
出雲市のユーザー様で、H24.3.22 に標記現象が発生したのは、

当日(H.24.3.22)< 3 番目の有効開始年月日(H24.4.1)

であるので、当該薬剤の有効期限が切れていると電子カルテが判定したためでした。
他の診療行為に対しても同様となります。

ユーザー様側の対処

この現象へのユーザー様側の対処は、不要です。表示としては不具合ですが、この状態で使って頂いて
問題ありません。H24.4.1 以降は正常な表示となります。